XAMPPのインストールとデータベースの作成

せん茶請求書 2.5.0 から Windows(XAMPP)環境に対応いたしました。

本記事では、XAMPPのインストール方法をご説明いたします。

【注意】
※ インストールするXAMPPのバージョンは 1.8.1 です。
※ インストール先は「C:\xampp」になっています。

ダウンロード

  • www.apachefriends.org より、XAMPP Windows版のインストーラをダウンロードしてください。

インストール

基本的にデフォルトのインストールと変更ありません。
ただし、せん茶に不要なServerなどを「Select Components」にて非選択にします。

  • 「Select Components」で以下の設定を行ってください。image017
    Server
    -Apache
    -MySQL
    Program Langages
    -PHP
    Program Languages
    -phpMyAdmin
    の項目にのみチェックされた状態で、Nextを選択

※XAMPPのセキュリティについてを必ず読んでください。

設定変更

  • PHPのタイムゾーン設定
    php.ini の “date.timezone = Europe/Berlin” を “date.timezone=Asia/Tokyo” に変更してください。

データベースの作成

  • phpMyAdminにアクセスし、データベースを作成してください。
    データベース名は任意の名前を設定し、照会順序は”utf8_general_ci”を選択してください。

 以上で、XAMPPでの作業は完了となります。

カテゴリー: Windows環境, 抹茶請求書 パーマリンク

XAMPPのインストールとデータベースの作成 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: せん茶請求書のWindows(XAMPP)環境へのインストール | 開発者ブログ

  2. ピンバック: せん茶SNSのWindows(XAMPP)環境へのインストール | 開発者ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*